satte hanpu

国産帆布のトートバッグ

たわ言の更新。「詩の意味は…」

こんばんは^ ^
SATTE HANPUです。

12月ももう10日を過ぎてしまって、
どうしよう、
を通り越してもうどうにもならん、
という感じにあれよあれよと毎日が過ぎて行く今年の年末です^ ^;

今日は、いい感じに朝からひたすらミシンをダダダ…
晴れていてしかも、今日は一日中ミシン!
っていう日は、
結構な幸福感に包まれますが、
夕方暗くなってくると、だいぶドキドキしてきます。
まだやりたいのにー!
という気持ち。

でも、本当はここでやめないと、
腰とか背中とか肩とか指とかが
痛くなりやすいお年頃(?)なので、
ただいまソファーにゴロンとしたところです。
(このまま朝まで寝るわけじゃないです…そりゃそうか )

ところで突然ですが、
今年の私の中のナンバーワンのビッグニュースは、
ボブディランのノーベル賞授賞です。

確か18歳ぐらいの時、nhkか何かでやっていた、
ディランのドキュメンタリー映画を録画(VHSですよ)して、
ものすごいリピートして観てました。
私のアイドルでした。

でね、今はもう死んでる人だと思ってたんですよ(笑)
尾崎豊みたいにね、ジミヘンとかジャニスジョプリンみたいにね、
生き急いで、
若くして逝ってしまうキャラだと思っていたんですね。
生きてて、おじさんになってるって知った時の衝撃と言ったら!(笑)

来日って聞いても、見たくない〜(泣)
って(笑)

いえいえ、
だれ一人として早死にしなきゃいけない人なんているわけがないです。
みんな、長生きして下さい!(´Д⊂

まぁ、それはともかく。
彼がこんなにクローズアップされるなんて。
「ボブディラン」のパラダイムシフトです!
(小池都知事風に言ってみた。)
ボブディランが民放テレビの朝のワイドショーのネタになるなんて〜(笑)
うそだろ〜w
How does it feel??

どう感じたかは、無言でしたね。
ありがとう、ありがとう。
今もそんなボブディランでいてくれて。
彼の無言の日々は、なんだか幸せでした。

「詩の意味は、そこに書いてあるとおりであり、
他の表現が出来たのなら、そうしたであろう」

これはディランじゃなくて、
TSエリオットが言った言葉、
だそうです。

古い男友達がむかーしこれを言ってました。
私はTSエリオットは読んだことがないので、
本当にこの人が言ったかどうか知りませんが。

これを言っていた彼は覚えてない気がするけど、
私にはすごーく深く刻みこまれて、
今もずーっとこれを思っています。

詩に限らず、多分芸術や音楽も本物ならそうだと思うし、
人の姿も生き方も。本気ならきっと。
色々な場面でこの言葉を思い出します。

ものを作って売ることは、どうだろう?
他の表現がなかったほど、切実にできているだろうか?

その答えは、風の中さ、風が知ってるだけーさー♩
(↑これは清志郎の訳詞バージョンの「風に吹かれて」)
です。

では、良いお年を。



なんちゃって!
まだ、年内に更新します!



たぶん〜(^^;


d0311311_19101646.jpg







[PR]
by sattehanpu | 2016-12-11 18:46 | 日々のつぶやき | Comments(0)