satte hanpu

国産帆布のトートバッグ

しあわせすぎマルシェ無事終了〜ありがとうございました!

こんばんは。
SATTE HANPUです^ ^

本日の「しあわせすぎマルシェ」は大変な賑わいでした!
今回が15回目だったとのこと、
良き日に初参加が出来て光栄でした。
SATTE HANPUブースにも沢山のお客様に
お寄りいただき、お買上げいただき、
ありがとうございました!

また、主催の「choinaca」の皆さまにも
沢山のご協力を頂き、本当にお陰さまの言葉につきます。
ありがとうございました!

なにしろ初めての屋外イベント出店だったもので、
アタアタとしているうちに終了しました(笑)

幸手帆布ということで、幸手在住、幸手出身の方々にも
沢山話しかけていただいて、
この名前にしてよかったな〜、得してるな〜
っとひしひしと感じつつ。
そしてイチバン聞かれた、
「幸手のどこにお店があるんですか?」
というご質問。
ハイ、無いです(笑)
いつの日かできるように、頑張ります!
よかったら応援してください〜(^。^)

そしてオーダー頂きましたお客様、
7月中旬頃には発送いたしますので、
今しばらくお待ちくださいませ!

↓SATTE HANPUブース
d0311311_00102116.jpg


↓どっちがいいかな?
しあわせすぎるスタッフさんもお悩みちゅう〜
d0311311_00524450.jpg


↓川沿いの大きな倉庫が会場なんです。
リバーサイドです♪。雰囲気いいです^ ^ 朝の写真。
d0311311_23292562.jpg


↓気になる巨大フィッシュ…w
d0311311_23292680.jpg



「わたしたちは、埼玉県東部のちょっと田舎=「ちょいなか」をベースに活動する女子ユニット「choinaca(ちょいなか)」です。自分の暮らす場所に「何もない」「つまらない」と嘆くより、何もないからこそ生み出す余白があるんだと発想を転換したら、がぜん町が愉しく見えてきました。
今いる場所で、そこにいる人たちと、自分が持っているすべてを使って、つくりだしていける自分へ。自分から立つことで、誰かがよろこんだり、町が少し変化することがうれしくて、地域社会にちいさく愉しいアクションをしかけています。」
↑こう仰る主催の「choinaca」さん達。(HPより)

サイトを拝見して、活動の哲学にとても共感して、
お会いできることを楽しみにしてたんですが、
もう本当に元気で優しくて一生懸命な皆さまでした。

「女だてらによくやっている」
というたぐいの言葉、もしくはそんな風に言われることは
わたしはこの世でいちばん嫌いです。
カチンときます。
今どきそんなこと言う人いないかもですが(笑)

でも今の社会的、または生物学的に女性が置かれる立場は、
一長一短に変えられるものではないですし、
それを女性が請け負うからこそ、
世界は成り立っているのかもしれません。

国から「活躍」を強いられるのではなく、
自ら草の根的に女性の自立を考え、精力的に行動していらっしゃるお姿には、
グッとくるものがありました。

世界は「小さな社会」から変えられるのかもしれませんね!

私も個人からですが、世界を変えます!
なんちて!!

とてもいい1日でした(≧ㅂ≦)

脱水症状を起こして帰宅後さっきまで寝込んでたのは内緒です!!ᕕ( ᐛ )ᕗ





[PR]
by sattehanpu | 2016-06-12 22:42 | 出展レポ | Comments(0)

by sattehanpu